GOMA 20th Anniversary Tour “STARTING OVER”

Home / GOMA 20th Anniversary Tour “STARTING OVER”

「GOMA 20th Anniversary Tour “STARTING OVER”
『フラッシュバックモリーズ3D』上映(72分)+GOMAトーク&ミニライブ」

◆イベント概要◆
日 :2018.04.15(日)
時間:昼の部:OPEN 15:00 /❶15:30-17:45
夜の部:OPEN 18:30 /❷19:00-21:15
料金:前売 ¥3,300 / 当日 ¥3,800(ソフトドリンク込)
席種:自由席(各回50席・先着順で入場ご案内)
会場:キネマM(高知市帯屋町1丁目13-8 アルカビル1階)
主催:いのちつなぐ

ご予約・お問い合わせ:《電話予約》 TEL:090-1574-3973
《メール予約》synfonia0311@gmail.com

*ご予約の際は、①氏名②参加希望の部(昼/夜)③ご連絡先をお伝えください。フェイスブックページの参加ボタンだけではご予約になりませんのでお気をつけください。

チケット取り扱い(3/26〜):キネマM、まーさん堂、TAGOMAGO

カフェ出店:まーさん堂、錆と煤、フルヤジオーガニックス 他

【4/15(日)タイムスケジュール】
昼の部
15:00   OPEN
15:30  『フラッシュバックメモリーズ3D』上映開始 (72分)
16:42   上映終了(休憩10分)
16:55   トーク&ライヴ開始(50分)
17:45 トーク&ライヴ終了
終了後サイン会あり

夜の部
18:30 OPEN
19:00 『フラッシュバックメモリーズ3D』上映開始
20:12 上映終了(休憩10分)
20:25 トーク&ライヴ (50分)
21:15 トーク&ライヴ終了
終了後サイン会あり

GOMAプロフィール(公式HPより)
1998年にオーストラリア・アーネムランドにて開催されたバルンガディジュリドゥコンペティションにて準優勝。ノンアボリジナル奏者として初受賞という快挙を果たす。海外にも活動の幅を拡げ勢いに乗っていた2009年交通事故に遭い外傷性脳損傷と診断され、高次脳機能障害の症状が後遺し活動を休止…二日後突然緻密な点描画を描きはじめる

脳損傷の後遺症で過敏に受取るひかりの世界をプリミィティブな衝動に突き動かされた自由な発想で驚く色彩感覚が特徴的なそれらは、新たな魅力として熱く支持され画家として活動を開始し全国各地で絵画展を開催。絵を描かずにはいられない衝動は止む事はなく現在までにその数は500点を超えた。

2011年再起不能と言われた事故から苦難を乗り越え音楽活動を再開。
2012年GOMAを主人公とする映画「フラッシュバックメモリーズ3D」が東京国際映画祭にて観客賞を受賞。
現在もディジュリドゥ奏者、画家としてのみならず、講演会など多岐に渡り活動中!

来年活動20周年を迎えるGOMAは自身最大規模の個展を2017年12月13日より新宿高島屋で行う

(公式HP)
http://gomaweb.net/schedule/page/2/?_pjax=%23contents

*2/17 ETV特集で取り上げられました。
ディジュリドゥ奏者・画家GOMA。8年前、交通事故で脳を損傷し高次脳機能障害をおった。一方、事故から2日後、全く造詣のなかった絵の才能が開花。以来描かずにはいられない衝動に駆られ、脳裏に浮かぶイメージを点描画で表現してきた。自分の脳に何が起きたのか。アメリカを旅し、サヴァン症候群の研究者や脳損傷を機に音楽や数学の才能が目覚めた人を訪ね、自らの生き方を模索。そして大作『火の鳥』に挑む。語り・窪塚洋介

http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-02-17/31/27106/2259598/

  Posted in: