ポンチョに夜明けの風はらませて

Home / ムービー / ポンチョに夜明けの風はらませて

©2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会

 

ポンチョに夜明けの風はらませて

何だか情けなくて、意味もなく楽しくて、がむしゃらに熱くなった、もう戻らない「青春時代」。誰もが“あの頃“を思い出し、バカバカしさに笑って、切なさにグッとくる、青春覚醒ロードムービー。
監督は『世界グッドモーニング』(09)でPFF審査員特別賞、バンクーバー国際映画祭ドラゴン&タイガー・ヤングシネマ・アワードを受賞するなど、国内外から注目される新鋭、廣原 暁。次世代の日本映画界を担う、新たな才能のもとにいま最も旬な若手実力派キャストが集結した。原作は数々の青春小説を手がける早見和真の同名小説。主題歌は若者の本音を熱く歌う、唯一無二のロックバンド、忘れらんねえよの書き下ろし曲『明日とかどうでもいい』。今の空気を映し出す“青春色”の強いコラボレーションが実現し、型にはまらない日本映画が誕生した!

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、ジンは、一流大学への進学を目指し、ジャンボは実家のとんかつ屋を継ぐことを決めていたが、又八だけは何も進路を決められずにいた。“このありふれた日常から少しだけでも抜け出したい”そんな思いを胸に、彼らはジャンボの父親の愛車セルシオに乗って、海に向かう。旅の途中でグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)ら刺激的な“大人たち”と出会いながら、普段では味わえないハチャメチャな体験をする3人。一方、置いてけぼりをくらい、又八と約束した卒業ライブに向けてギターの練習に明け暮れる中田(染谷将太)。彼らの「青春」が、今ようやく動き出す。

出演|太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太 佐津川愛美 阿部純子 角田晃広(東京03) 佐藤二朗 西田尚美

原作|早見和真『ポンチョに夜明けの風はらませて』/祥伝社刊
監督|廣原 暁
脚本|大浦光太 廣原 暁
主題歌|忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)
音楽|渡邊崇 青木健
製作|『ポンチョに夜明けの風はらませて』製作委員会(東映ビデオ、RIKIプロジェクト、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、メ〜テレ、カラーバード)
企画・制作|RIKIプロジェクト  配給:ショウゲート

2017/日本/カラー/90分
(C)2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会

 

同時上映::廣原暁監督 短編作品

 

一万年後の子供

少年たちが秘密基地を駆け抜ける。
ゲームのメダルがないショウゴは仲間はずれ。
手に入れるにはお金がかかる。ショウゴのとった手段とは…。
大村の水田に、遺跡発掘調査現場に、子どもたちの歓声が聞こえては消えていく。

長崎県大村市を舞台に、時代とともに変わってゆく風景を記録するために、
地元の子供達が出演して撮影した。

監督・脚本:廣原 暁

【出演】
松尾将吾・植木田康次郎・一木大和・太田悠斗・福田 真那斗・松尾颯二郎
阪元向日葵・今村凛・坂口寿美子・福﨑菜見子

【スタッフ】
制作:青木思穏 撮影:下川龍一 録音/整音:渡辺一輝
美術:渡邊玲・岡田真由子 秘密基地制作:酒井貴史
編集:石井沙貴 メイキング:西堀真澄 音楽:上原圭介

【共同主催】
NPO法人おおむら里山村づくり委員会
プロデューサー:加固治男・片岡力

【主催】
スナメリの詩プロジェクト
http://sunamerinouta.com/

総合プロデューサー:小口詩子