ベイビー・ドライバー

Home / ムービー / ベイビー・ドライバー
この作品の上映は終了しました

©︎ Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All Rights Reserved.

ベイビー・ドライバー

名前はベイビー、組織のドライバー、運転の天才
音楽を聴くことで、事故の後遺症の耳鳴りが消え、その才能が覚醒する

『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』など快作を連発し、世界の注目を集めてきたイギリスが誇る21世紀の才能エドガー・ライト監督が満を持してハリウッドに進出。自ら脚本も手がけた注目の一作は、批評家たちの絶賛によって熱烈に歓迎され、アカデミー賞にも3部門でノミネートされた。

全編を通して描かれる、音楽と完全に一体化したカーアクションが最大の見せ場。注目の若手俳優アンセル・エルゴート扮するベイビーがハンドルを握りながら耳にするナンバーは、疾走感を抱かせるのみならず、そのビートはギアチェンジやヘアピンターンに変換され、排気音からワイパーの動き、銃撃音から、クラッシュまで全てがビートに合わせて演出される。全編を彩る、ソウル、ロック、オルタナティヴ、ダンスとジャンルをまたいで幅広い年代から選ばれたナンバーに注目。

ベイビー(アンセル・エルゴート)。その天才的なドライビング・センスが買われ、組織の運転手として彼に課せられた仕事―それは、銀行、現金輸送車を襲ったメンバーを確実に「逃がす」こと。子供の頃の交通事故が原因で耳鳴りに悩まされ続けているベイビー。しかし、音楽を聴くことで、耳鳴りがかき消され、そのドライビング・テクニックがさらに覚醒する。そして誰も止めることができない、追いつくことすらできない、イカれたドライバーへと変貌する―。
組織のボスで作戦担当のドク(ケヴィン・スペイシー)、すぐにブチ切れ銃をブッ放すバッツ(ジェイミー・フォックス)、凶暴すぎる夫婦、バディ(ジョン・ハム)とダーリン(エイザ・ゴンザレス)。彼らとの仕事にスリルを覚え、才能を活かしてきたベイビー。しかし、このクレイジーな環境から抜け出す決意をする―それは、恋人デボラ(リリー・ジェームズ)の存在を組織に嗅ぎつけられたからだ。自ら決めた“最後の仕事”=“合衆国郵便局の襲撃”がベイビーと恋人と組織を道連れに暴走を始める―。

出演|アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ、ケヴィン・スペイシー、ジェイミー・フォックス、ジョン・ハム、エイザ・ゴンザレス

監督・脚本|エドガー・ライト

2017年/イギリス、アメリカ/カラー/BD/113分

©︎ Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All Rights Reserved.

公式サイト http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/babydriver/