棒の哀しみ

Home / ムービー / 棒の哀しみ
キネマM1周年 特集 奥田瑛二の仕事 監督・俳優
この作品の上映は終了しました

©︎1994 北方謙三/新潮社/T・H・Uプロジェクト

棒の哀しみ

第37回ブルーリボン賞 作品賞・監督賞(神代辰巳)・主演男優賞(奥田瑛二) 受賞
1994年度キネマ旬報ベストテン第4位

北方謙三原作の同名小説を名匠・神代辰巳監督が『噛む女』(88)以来6年ぶりにメガホンを取って映画化。
自分を“棒のように生き、棒のようにくたばる”ような男だと冷めた目で見つめる、ひとりのヤクザの生き様を描いた人間ドラマ。

組のために8年も刑務所暮らしをしてきた大村組の若頭・田中は組長に疎んじられ、危険な仕事ばかり回される日々。ついには組長の大村から新しい組を作るよう命じられてしまう。そんな矢先、組長が倒れ、言葉もろくに喋れない状態に。敵対する大川組も本家を挑発する中、跡目争いに発展する…

出演|奥田瑛二、永島暎子、高島礼子、哀川翔、白竜
・・・春木みさよ、平泉成、天宮良、竹中直人、桃井かおり

監督|神代辰巳
脚本|神代辰巳、伊藤秀裕

原作|北方謙三

1994年/日本/カラー/120分/35㎜/R15+

©︎1994 北方謙三/新潮社/T・H・Uプロジェクト