【激音上映】ドライヴ

Home / ムービー / 【激音上映】ドライヴ
12月22日(土)〜29日(土) 8日間限定 激音上映!

【激音上映】

ヴィンテージの真空管アンプとスピーカー、それを支える手仕事が奏でる極上のリアル・サウンド—
“激しい音”で映画に酔いしれるキネマMの「激音上映」がパワーアップして年の瀬に復活。
普段の上映とは違う特別な音響セッティングで限定上映いたします!

©︎ 2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.

ドライヴ

第64回カンヌ国際映画祭 監督賞(ニコラス・ウィンディング・レフン)受賞!

“疾走する純愛”にカンヌをはじめ世界が大絶賛-珠玉のカーアクションと切ない愛が交錯するネオノワール!

デンマークの鬼才ニコラス・ウィンディング・レフン監督の名を一躍世界に知らしめた、美しきクライム・サスペンス。
昼はハリウッドのカー・スタントマン、夜は強盗の逃がし屋という2つの顔を持つ、寡黙な主人公を演じたのは『ハーフネルソン』『ラ・ラ・ランド』で2度オスカーノミネートのライアン・ゴズリング。『17歳の肖像』のキャリー・マリガン、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のブライアン・クランストンなどの実力派俳優陣が脇を固める。

昼は自動車修理工場で働きながら、時にハリウッドのカー・スタントをこなし、夜はその卓越したドライビングテクニックで犯罪者の逃亡を手助けする闇の仕事も請け負う寡黙な男。
孤独に生きてきた男だったが、とあるきっかけから幼い息子と共に住む隣人の女・アイリーンに好意を抱く。彼女の夫スタンダードは服役中で出所間近だった。ある日、男はガレージで出所したスタンダードが血まみれで倒れているのを目撃する…

出演|ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン、クリスティーナ・ヘンドリックス、ロン・パールマン、オスカー・アイザック、アルバート・ブルックス

監督|ニコラス・ウィンディング・レフン
脚本|ホセイン・アミニ

2011年/アメリカ/カラー/シネスコ/100分/R15+

©︎ 2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.

公式サイト http://www.drive-movie.jp

〈激音上映 Ticket〉
前売券 ¥1,300 / 当日券 ¥1,800
●1作品1回の鑑賞につき、チケットが1枚必要です。
●入替制/全席自由
●前売券は、キネマMのチケット窓口にて12月21日(金)まで販売いたします。
●前売券は、12月22日(土)〜12月29日(土)にキネマMで上映する激音上映の作品でご利用いただけます。作品・日時指定のチケットではございませんので、前売券をご購入いただいたお客様は、ご鑑賞の当日、チケット窓口にて前売券をご提示ください。日付と各回の整理番号をチケットに押印いたします。満席の場合は、次の回へおまわりいただく場合もございますので、時間に余裕を持ってご来場ください。