【安藤サクラ祭り】0.5ミリ

Home / ムービー / 【安藤サクラ祭り】0.5ミリ
キネマM \一旦/ファイナル企画
“日本のヒロイン”安藤サクラ祭り 1月3日(木)〜23日(水) 開催


©︎2013 ZERO PICTURES / REALPRODUCTS

0.5ミリ

第39回報知映画賞 作品賞 助演男優賞(津川雅彦)
第88回キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞(安藤サクラ)
第38回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(安藤サクラ)
第69回毎日映画コンクール 女優主演賞(安藤サクラ) 脚本賞(安藤桃子)
第57回ブルーリボン賞 主演女優賞(安藤サクラ)
第18回上海国際映画祭 アジアン・ニュータレントアワード部門 最優秀監督賞(安藤桃子)など3部門受賞

キネマM代表も務める安藤桃子監督のデビュー作『カケラ』に続く第2作目。自身の介護経験から発想を得て自ら書き下ろした小説の映画化。実妹・安藤サクラをヒロインに、人間関係が希薄な現代社会に怒りを爆発させ、日本映画界に一石を投じる傑作を生み出した。日本映画界の重鎮・津川雅彦と織本順吉、芸人として活躍する坂田利夫、井上竜夫、他、柄本明、草笛光子、木内みどり、ベンガル、角替和枝、浅田美代子など豪華俳優陣が脇を固める。

ヘルパーの山岸サワは、ある日派遣先の寝たきりのおじいちゃん・昭三の娘から、「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」という唐突な依頼を受ける。結局サワは添い寝するだけという条件で引き受けた。しかし、その当日、予期せぬ大事件に巻き込まれ、仕事もクビになり、寮も追い出され、いきなり「家ナシ、金ナシ、仕事ナシ」の人生崖っぷちに立たされる。
あてもなく街をさまよう中、カラオケ店とホテルを混同している康夫、駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂、女子高生の写真集を万引きする元教師の義男先生など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出し、彼らの生活に入り込んで、“押しかけヘルパー”をすることに-。

出演|安藤サクラ、織本順吉、木内みどり、土屋希望、井上竜夫、東出昌大、ベンガル、角替和枝、浅田美代子、坂田利夫、柄本明、草笛光子、津川雅彦

監督・脚本|安藤桃子
原作|「0.5ミリ」安藤桃子(幻冬舎文庫)
エグゼクティブ・プロデューサー|奥田瑛二

2013年/日本/カラー/196分

©︎2013 ZERO PICTURES / REALPRODUCTS

公式サイト http://www.05mm.ayapro.ne.jp