素敵なダイナマイトスキャンダル

Home / 過去の上映作品 / 素敵なダイナマイトスキャンダル
この作品の上映は終了しました

©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

素敵なダイナマイトスキャンダル

「芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった」
数奇な運命を背負った雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフティ

『パビリオン山椒魚』『南瓜とマヨネーズ』冨永昌敬監督の最新作!
母親が隣家の若い男と“ダイナマイト心中”という、まるで嘘のような実体験を持つ稀代の雑誌編集者・末井昭が綴り、1982年に刊行されて以来、時代を超えて版を重ねている同名自伝的エッセイを、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が初映画化!
音楽は『パビリオン山椒魚』などでも冨永監督とコンビを組んできた菊池成孔が担当。

バスも通らない田舎町に生まれ育った末井昭は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家のひとり息子と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発で心中したのだ。
高校を卒業と同時に工場に就職した末井は、その後上京し、グラフィックデザイナーを目指す。キャバレーの看板描きなどを経て、ひょんなことから小さなエロ雑誌の出版社へ。そして編集長として新感覚の雑誌を創刊する。やがて、写真家・荒木経惟など精鋭たちと出会い、発禁と創刊を繰り返しながらも80年代を席巻した「ウィークエンド・スーパー」「写真時代」など、伝説の雑誌を世におくり出す名編集長へとなっていく。

出演|柄本佑、前田敦子、三浦透子、峯田和伸、松重豊、村上淳、尾野真千子

監督・脚本|冨永昌敬
音楽|菊地成孔、小田朋美

原作|末井昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫)

2018年/日本/カラー/ビスタ/138分/R15+
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

公式サイト http://dynamitemovie.jp